2016年参議院議員選挙データ

2016年参議院選挙 愛知県選挙区・比例代表 候補者別・政党別得票率マップ

2016/10/20

愛知県選挙区(改選4)

氏名 党派 得票数 得票率
1 藤川政人 自由民主党 961,096 29.3%
2 斎藤嘉隆 民進党 575,119 17.5%
3 里見隆治 公明党 531,488 16.2%
4 伊藤孝恵 民進党 519,510 15.8%
5 須山初美 共産党 302,489 9.2%
6 奥田香代 減税日本 218,171 6.7%
7 平山良平 社会民主党 64,781 2.0%
8 井桁亮 日本のこころ 59,651 1.8%
9 中根裕美 幸福 47,088 1.4%

今回から定数4に増えた。今回は与党側が2人擁立、民進が2人擁立としたため、公示日時点で結果が分かるような戦いだった。3年後の選挙では自民が2人擁立して4枠を5人で争う激戦区になる可能性もある。

藤川政人

201623aichi01fujikawa愛知県選挙区藤川政人
961,096票(29.3%)

県内全市町村で首位。他候補を圧倒して首位当選を果たした。

斎藤嘉隆

201623aichi02saito愛知県選挙区斎藤嘉隆
575,119票(17.5%)

党支持率の後退もあり6年前の初当選時から15万票あまり得票を減らしたが悠々2位当選。豊田市での得票率の高さから、基礎票となる労組票をきちんと固めたことがわかる。

里見隆治

201623aichi03satomi愛知県選挙区里見隆治
531,488票(16.2%)

公明党は'01年以来の議席獲得。公明党支持層の厚い名古屋市港湾部を固めたことに加え、党比例票との差から自民党から組織票の支援を受けたことが伺える。

伊藤孝恵

201623aichi04ito愛知県選挙区伊藤孝恵
519,510票(15.8%)

党の支持基盤である連合が斎藤氏に支援に回るなか、街頭演説・ドブ板選挙で無党派層から支持を得たようだ。特段強い地域があるわけでないがムラのない安定した得票。

須山初美

201623aichi05suyama愛知県選挙区須山初美
302,489票(9.2%)

他の都市圏とくらべて共産党の支持層が薄く、また無党派層の支持も取り込めずに苦戦。


比例代表

23愛知県比例
愛知県は「民主王国」と呼ばれただけあって、民進党が強い(民進の得票率は三重・北海道に次ぐ全国3位)。民進党が強いぶん、東京・神奈川など他の都市圏に比べると共産党が弱いことも特徴。豊田市と東海市では民進が自民を上回っている。

自民党

201623aichi01ldp
1,120,863票(34.32%)

豊根村・飛島村で得票率50%超え。名古屋市北区・港区・中川区で30%を下回った。

民進党

201623aichi02dp
955,654票(29.27%)

豊田市と隣接するみよし市で得票率35%超え。いずれもトヨタ自動車のお膝元で、労働組合の組織票の強さが分かる。

公明党

201623aichi03komeito
381,186票(11.67%)

共産党

201623aichi04jcp
311,967票(9.55%)

愛知県比例代表政党得票率推移

image (7)

関連記事

投票率・政党別得票率都道府県ランキング

-2016年参議院議員選挙データ