民進党(旧民主党)関連

2016年9月民進党代表選挙立候補者一覧・党内情勢

2016/09/15

第一回目の投票で蓮舫氏が過半数のポイントを獲得し、新代表に選出された(15時30分)。

参照:民進党新代表は蓮舫氏に(開票結果・得票数)

-----------------------------------------

2016年9月15日投票。
9月2日公示。蓮舫前原誠司玉木雄一郎の3氏が立候補した。
新聞社による党員・党都道府県連向けの動向調査では蓮舫氏が優位

参考記事:候補者の推薦人・所属派閥一覧

なお、立候補が取り沙汰されていた細野豪志氏は蓮舫氏の推薦人に、長島昭久氏は前原氏の推薦人に。原口一博氏は前原氏の支持を表明している。

8月1日以降の報道時系列 新着順

9月15日

民進党臨時党大会生中継

9月14日
9月12日
9月10日

共同通信社による民進党国会議員(147人)+国政選挙公認内定者(118人)向けの動向調査によると蓮舫氏がほぼ半数からの支持を受けており、「上位2人の決選投票にならず、初回の投票で(蓮舫氏に)決着する可能性が高まっている」とのこと。
参照:蓮舫氏、国会議員票で過半数迫る

9月8日

毎日新聞の動向調査によると蓮舫氏が圧倒的に優勢の模様。
参照:<民進代表選>蓮舫氏、過半数の勢い 初回投票で決着か

9月7日

長野県長野市で街頭演説会・候補者集会(玉木氏は不参加)

9月6日

玉木氏の地元、香川県高松市で街頭演説会・候補者集会

9月4日

毎日新聞世論調査
Q:民進党の新しい代表にふさわしい候補
→「関心がない」:34%、蓮舫氏:32%、前原氏:19%、玉木氏:4%
(うち民進党支持層では蓮舫氏が61%で他候補を圧倒)

Q:野党共闘について
→続けたほうがよい:28%、続けないほうがよい:51%
(うち民進党支持層→拮抗)
(うち共産党支持層→続けたほうがよい:7割)

9月2日

公示。蓮舫、前原、玉木の3氏が立候補。
参照:民進党 | 2016年民進党代表選挙

8月30日

1.旧維新の党グループ(23名)が自主投票を決定。蓮舫、前原、玉木の3氏に推薦人を出す。
2.山尾志桜里政調会長が現執行部としては初めて前原氏支持を表明。1)山尾政調会長は前原氏支持へ 執行部で初 民進代表選
3.長島昭久氏が出馬を断念。前原氏支持を表明。
4.蓮舫氏の陣営が会合。小林正夫参議院議員、佐々木隆博衆議院議員らが出席。選挙対策本部長に鉢呂吉雄参議院議員が就任。
参照:
旧維新グループは自主投票へ 蓮舫代表代行、前原誠司元外相、玉木雄一郎国対副委員長に推薦人 - 産経ニュース
【動画】民進党代表選 「旧維新」は自主投票に 蓮舫・前原両陣営が本格化

8月29日

前原氏が事務所開き。小川淳也衆議院議員ら3名が出席。2)長島氏、前原氏支持へ=蓮舫氏優位動かず-民進代表選:時事ドットコム

8月26日

党選管で立候補予定者に対する事前説明会を開催。参加者は以下6名。
蓮舫前原誠司長島昭久玉木雄一郎原口一博井出庸生(旧維新グループ)。
参照:蓮舫代表代行、前原誠司元外相、原口一博元総務相ら6陣営が事前説明会に参加

8月25日

前原誠司氏が正式に立候補を表明。26日に記者会見。
参照:前原氏が出馬表明 民進党代表選 「考え方戦わせる」

8月11日

1.前原氏と細野氏が、旧維新の党系グループの松木謙公氏・松野頼久氏を交えて会談。3)民進党代表選 前原氏、細野氏と極秘会談 代表選で支援要請か

8月9日

1.細野氏が不出馬を表明。蓮舫氏を支持する方向性を示唆。4)民進・細野氏、代表選不出馬 蓮舫氏支持へ

8月8日

1. 8日発売の月刊誌『世界』(岩波書店)上で前原氏と井手英策・慶応大教授が対談。前原氏は、政党の枠組みより政策論議を重視することを条件に、共産党を含めた野党共闘を容認。民進党が目指す方向性として「内政は社会民主主義」などとも語る。5)「“センター”への道は切り拓けるか──「生活保障と税」の政策論から政治を変える」『世界』2016年9月号(岩波書店)6)民進・前原氏、野党共闘を容認 代表選意識か
2.素交会が蓮舫氏の不支持を表明。独自候補者の擁立を目指す考え。7)【民進党代表選】 素交会、蓮舫氏の不支持を表明

8月7日

岡田代表、蓮舫氏支援を表明。「誰を応援するかは言わなくても明確。今の執行部の考え方をしっかりと受け継いでいく方だ」。8)岡田代表、蓮舫氏を支援する意向 民進党代表選に向け

8月5日

蓮舫氏、正式に立候補を表明。記者会見。

8月4日

1.蓮舫氏、岡田克也代表・枝野幸男幹事長と個別に面会。4野党共闘路線の維持を伝える。9)蓮舫氏、5日出馬表明=「共闘」継続を岡田氏に伝達-民進代表選
2.玉木氏、大畠グループ(素交会)の大島敦氏と面会。10)民進代表選で若手擁立論 世代交代求める声が背景
dp201608040101
3.長島氏、旧維新グループを率いる江田氏と面会。

8月3日

1.蓮舫氏と細野氏が会談。共産党との共闘の見直し、憲法改正の方向性で一致。11)蓮舫氏と細野氏が会談 共産党との連携見直しで一致
2.旧維新の党系議員がグループ立ち上げ。江田憲司・松野頼久両氏が共同で代表を務める。参加議員は23名で党内最大グループに。12)蓮舫代表代行、細野豪志元環境相と会談 旧維新系は新グループ立ち上げ

8月2日

1.代表選の日程を9月2日告示・15日開票とすることを正式に決定。13)民進代表選、来月15日決定
2.細野豪志氏、自身が率いるグループ(自誓会)の会合。14)民進代表選、来月15日決定
3.玉木雄一郎氏、江田憲司氏らと懇談。15)民進代表選、来月15日決定16)玉木雄一郎氏の擁立論浮上 細野豪志氏は出馬見送りを示唆
4.長妻昭氏と赤松氏が会談。17)民進代表選、来月15日決定
5.前原誠司氏、自身のグループ(凌雲会)会合。18)【民進党代表選】 蓮舫氏、代表選出馬を検討 長島昭久元防衛副大臣も -産経新聞

8月1日

1.蓮舫氏、旧社会党系グループ(サンクチュアリ)の赤松広隆前衆院副議長や、旧民社党系グループ(民社協会)の川端達夫衆院副議長と相次いで会談。19)蓮舫氏、週内にも出馬表明=保守系は一本化模索-民進代表選
2.長島昭久氏、記者団に立候補の意欲を表明。20)【民進党代表選】 蓮舫氏、代表選出馬を検討 長島昭久元防衛副大臣も -産経新聞

References   [ + ]

-民進党(旧民主党)関連