民進党(旧民主党)関連

民進党が「2030年代原発ゼロ」に向けた工程表を作成へ

10月20日投稿、10月27日更新.

民進党の安住淳代表代行が、10月19日の記者会見で党が以前から政策として掲げている「2030年代原発ゼロ」について、現実的な工程表づくりを始めると明言した。工程表づくりは玄葉光一郎エネルギー・環境調査会長や細野豪志代表代行が進めるという。

翌日、蓮舫代表も「2030年代に原発稼働0を目指すためのロードマップの作成を急ぎます」とツイート。

しかし早々に党内から異論も。朝日新聞記事1)民進「原発ゼロ」に波紋 工程表作成、党内に慎重論 - 朝日新聞(10月21日)によると、電力総連出身の小林正夫参議院議員は「これまでの3点の『原則』を踏襲するべきだ。工程表の話は承知していない」と反発。春闘の方針になどについて記者会見をした連合の神津里季生会長も「再稼働できるものはすべき」とコメントした。

10月26日、民進党はエネルギー環境調査会(玄葉光一郎会長、田嶋要事務局長)を開催。廃炉プロセスの明確化や代替エネルギーの調達方法、使用済み核燃料の最終処分、核燃料サイクルから撤退するのかといったことが議論されうる。民進党としては来る衆議院選挙に間に合うよう議論を急ぐ考え。




References   [ + ]

-民進党(旧民主党)関連