2016年参議院議員選挙データ

2016年参議院選挙 栃木県選挙区・比例代表 候補者別・政党別得票率マップ

2016/09/30

栃木県選挙区

09栃木県選挙区
自民党現職・上野通子氏が無所属の野党統一候補・田野辺隆男氏を圧倒。上野氏は芳賀町・塩谷町以外の全市町で田野辺氏の得票を上回った。田野辺氏は野党4党の支援を受けたが及ばなかった。
※塩谷町は指定廃棄物最終処分場候補地となっていることへの反発があり自民党が弱い。8月7日投開票の町長選挙でも、民進党の福田昭夫議員や維新の渡辺喜美議員らが支援した現職町長が自民党推薦の元職候補に競り勝っている。

上野通子

201609tochigi01ueno
484,300票(58.92%)

田野辺隆男

201609tochigi02tanobe
314,401票(38.25%)

先述の塩谷町と出身である芳賀町以外で敗北している。


比例代表

09栃木県比例代表
自民党・民進党ともに全国平均を上回る。おおさか維新が渡辺喜美氏を比例代表に擁立したことにより近畿圏以外では唯一の得票率10%超え。

自民党

201609tochigi01ldo
315,072票(38.8%)
矢板市を除く県内全市町村で首位の得票率。

民進党

201609tochigi02dp
175,717票(21.6%)
県内で最も得票率が高かったのが先述の塩谷町(29.3%)。

おおさか維新の会

201609tochigi05Initiatives88,395票(10.9%)

8.8万票の政党得票のうち約半数(43,984票)が渡辺喜美氏の個人得票。また、渡辺氏の個人得票は全国合計で14.3万票であり、このうち3分の1を栃木県内で得票したことになる。
渡辺氏の選挙区であった栃木3区の地域で得票率が高く、矢板市では30.8%の得票率で自民を僅かながら上回って得票首位。父・美智雄氏の時代に地盤とした旧栃木1区の地域である宇都宮市や塩谷郡(塩谷町・高根沢町)などでも得票率10%を超えた。

栃木県 比例代表政党得票率推移

09栃木県比例代表政党得票率推移
渡辺喜美氏の支持層が厚く、2010年にはみんなの党が自民党・民主党を上回って得票率首位だったこともある。

データ出典

総務省|栃木県候補者別市区町村別得票数

関連記事

都道府県一覧
投票率・政党別得票率都道府県ランキング
北海道
東北(青森県, 岩手県, 宮城県, 秋田県, 山形県, 福島県)
関東(茨城県, 栃木県, 埼玉県, 千葉県, 東京都, 神奈川県)
甲信越(新潟県, 山梨県, 長野県)
北陸(富山県)
東海(静岡県, 愛知県, 三重県)
近畿(滋賀県, 京都府, 大阪府, 兵庫県, 奈良県)
山陰(鳥取県・島根県選挙区(鳥取県比例島根県比例))
山陽(岡山県広島県)
四国(徳島県・高知県選挙区(徳島県比例高知県比例), 香川県愛媛県)
九州(福岡県佐賀県長崎県大分県, 鹿児島県沖縄県)
参院選後の院内会派一覧

-2016年参議院議員選挙データ