news

新潟県知事選、森民夫陣営が反共ビラで米山陣営を攻撃(10月13日)

2016/10/15

時代遅れの反共ビラ


※正確には森民夫氏の後援会である「新潟を再生する会」の届出ビラ2号。

金子恵美議員のブログでも

反共ビラ以外にも、自民党・金子恵美衆議院議員(新潟4区選出)が自身のブログに「新潟県庁に赤旗が翻る危機」と題した記事を掲載。

共産党が推薦する候補を当選させ、県庁に赤旗を立てることは新潟県の発展に繋がると本気で考えているのでしょうか。他府県では、共産党の県政が続き、街の発展が大きく遅れた事例もあります。私の愛する新潟をそのような状況に陥れることを私は看過できません。

などと書き込んでいる。

なお方方で指摘されているとおり、新潟県旗は元々赤い旗(赤ベースに「新ガタ」の意匠)であり森候補が当選するにせよ県庁に翻るのはアカハタのままである。
niigataprefecture

古屋選対委員長も

自民党の古屋圭司選挙対策委員長も柏崎市内で以下のように演説。

沖縄県知事の翁長(雄志)さんは自民党の沖縄県連の幹事長だった。それが社民党や共産党に担がれて選挙に出た。彼は完全に泥沼に入ってしまったので、あの路線でいかざるを得ない。その結果、自民党の国会議員が小選挙区で勝てなくなった。県議会もどんどん自民党の数が減っていった。そして、国と県との信頼関係が完全に消え失せてしまった。そんなことが新潟であってはダメだ。 - 「翁長知事は社民や共産に担がれ泥沼」自民・古屋氏(朝日新聞)

関連記事

-news