news

小沢自由党復活へ/「生活の党」が「自由党」に党名変更(10月7日)

2016/10/12

生活の党が党員向けに党名変更の賛否を問う手紙を出していたことが明らかとなった。生活の党は発足後の3つの選挙でいずれも得票率1%台と低迷しており、党名変更によるイメージ刷新で党勢回復を狙うものと思われる。12日の両院議員総会で正式に決定する予定。

また民進党の新潟県知事選挙の公認・推薦をめぐる混乱や衆議院東京10区・福岡6区補選での敗北について蓮舫代表、野田幹事長の執行部に対する批判が民進党内から噴出することが予想され、小沢氏に近い議員や蓮舫執行部に批判的な議員が離党して小沢自由党に合流することもあると思われる。

旧自由党は1998年に新進党が分党する形で結党。2003年に解党して民主党に合流(民由合併)するまで一貫して小沢一郎氏が党首を務めたことから俗に「小沢自由党」と呼ばれる。現在も民進党に所属する議員を除き、この小沢自由党に所属した著名な政治家として、小池百合子氏(現東京都知事)、二階俊博氏(現自民党幹事長)、達増拓也氏(現岩手県知事)、河村たかし氏(現名古屋市長)、鶴保庸介氏(現内閣府特命担当大臣)がいる。

なお、維新の党を除名された上西小百合衆議院議員は「自由党」に参画すると思われる。

-news