民進党(旧民主党)関連

民進党群馬県連、蓮舫新代表への批判をめぐり石関貴史衆議院議員の離党か除名を含めた対応を党本部に要請へ(9月28日)

民進党県総支部は27日の常任幹事会で、党本部に、石関貴史・衆院議員(比例北関東ブロック)の離党か除名を含めた対応を求めることを決めた。2006年に明るみに出た旧民主党県連の会計問題に端を発し、石関氏と党県連執行部の間で対立関係が続いていたが、代表選後に石関氏が蓮舫新代表を中傷したことなどが問題視されたとみられる。

- 「民進党県総支部 蓮舫新代表中傷「石関氏離党か除名に」党本部に要請へ/群馬」-毎日新聞(9月28日)



石関氏は代表選で前原誠司氏の推薦人であり、代表選の正当性を問う連判状にも名を連ね、代表選後にも「二重国籍を承知で公党の代表に選ぶとは、この党はどうかしている」とのコメントを出していたという。

関連記事

-民進党(旧民主党)関連