2016年参議院議員選挙データ

2016年参議院選挙 東京都選挙区・比例代表 候補者別・政党別得票率マップ

2016/10/20

東京都選挙区

氏名 党派 得票数 得票率
1 蓮舫 民進党 1,123,145 18.1%
2 中川雅治 自由民主党 884,823 14.2%
3 竹谷とし子 公明党 770,535 12.4%
4 山添拓 日本共産党 665,835 10.7%
5 朝日健太郎 自由民主党 644,799 10.4%
6 小川敏夫 民進党 218,171 8.2%
7 田中康夫 お維新 469,314 7.5%
8 横粂勝仁 無所属 310,133 5.0%
9 三宅洋平 無所属 257,036 4.1%

以下省略.東京都選挙区は6枠を31人で争う混戦となった。

蓮舫

201613tokyor4
民進党・蓮舫氏は郡部・島嶼部の一部を除く多くの自治体で得票数首位となりトップ当選(112万3145票)。とくに郊外の無党派層から高い支持を受けた。

中川雅治

201613tokyonkgw
自民党・中川雅治氏は郡部・島嶼部と都心3区では蓮舫氏を上回って得票数首位。都全体では88万4823票で2位。

竹谷とし子

201613tokyotakeya
郡部と城東で票を集めた。八丈町では首位。足立区で創価学会員が多いというのはさもありなんという感じがする。

山添拓

201613tokyoymze
山添氏は広く薄く無党派層からも支持を受けたようだ(これといった特徴がない)。

朝日健太郎

201613tokyoasahi
元スポーツ選手として知名度を生かした戦い。得票に際立った偏りがなく、まんべんなく支持を受けたようだ。

小川敏夫

201613tokyoogawa
吉祥寺のローカルタレントである菅直人さんの応援を受けた甲斐あってか、武蔵野市・三鷹市などでは蓮舫・中川両氏に次ぐ3位の得票。出身地である練馬区は、区部では得票率トップだった。ここまでが当選者。

田中康夫

201613tokyotanaka
区部を中心に広く薄く支持を受けたようだが薄すぎて小川氏に及ばず。多摩26市では福生市以外、小川氏に負けている。

その他候補者

8位、横粂氏は衆議院選挙で挑戦したことのある東京18区(武蔵野市・府中市・小金井市)では5位・6位に食い込んだが都全体では遥か及ばず。
9位、三宅洋平氏は小笠原村で首位となった(表は省略)。確かに離島でならポル・ポト式の原始共産主義もうまくやれそうだ。トンデモ科学と陰謀論の三宅さんは小笠原か沖縄にお引き取り願いたい。


比例代表

132016東京都比例代表得票
参考:政党得票率の全国平均
自民党・民進党・公明党・おおさか維新などは全国平均を下回っている。
13東京都比例代表

自民党

201613tokyoldp
自民党の東京都での得票率は34.4%(全国平均35.9%)。郡部・離島と都心3区で得票率が高い。「1区現象」の逆パターン。23区首位は千代田区(44.3%)、最下位は北区(31.9%)。多摩26市首位は青梅市(35.3%)、最下位は青梅市(30.3%)。檜原村(29.6%)を除く全自治体で30%以上の得票率を記録しており政権政党が幅広く支持されていることがわかる。

民進党

201613tokyodp
民進党の東京都での得票率は19.8%(全国平均21.0%)。武蔵野市・小金井市などは菅直人元首相の地元で、昔からリベラルの強い地域である。一方、下町(城東)ではめっぽう弱く足立区では公明党の得票を下回った。

共産党

201613tokyojcp
共産党の東京都での得票率は14.2%(全国平均10.7%)。大きな地域差はなく、都市部の無党派層を掴んでいることが伺える。都内首位は清瀬市(19.1%)。

公明党

201613tokyokomeito
公明党の東京都での得票率は11.4%(全国平均13.5%)。共産党と対照的に地域差が大きく、郡部と城東で強い。全62市区町村中首位は八丈町(22.1%)、最下位は千代田区(5.0%)。23区首位は足立区(17.1%)、最下位は千代田区(5.0%)。多摩26市首位は武蔵村山市(20.9%)、最下位は武蔵野市(6.2%)。

東京都比例代表政党得票率推移

13東京都比例代表政党得票率推移
自民党一強が続くが、維新の党との合流で民進党には回復の兆しがあるか。

関連記事

都道府県一覧
投票率・政党別得票率都道府県ランキング

参院選後の院内会派一覧

-2016年参議院議員選挙データ