旧ブログ記事

2016年参議院選挙 東京都選挙区 候補者一覧・情勢

2016/07/28

東京都選挙区(定数12, 改選6)
  • 中川雅治 (自民・現職・69歳)
  • 竹谷とし子 (公明・現職・46歳)
  • 蓮舫 (民進・現職・48歳)
  • 小川敏夫 (民進・現職・68歳)
  • 浜田和幸 (無所属・現職・63歳)
  • 田中康夫 (おおさか維新・元職・60歳)
  • 山添拓 (共産・新人・31歳)
  • 朝日健太郎 (自民・新人・40歳)
  • 横粂勝仁 (無所属・新人・34歳)
  • 鈴木麻理子 (こころ・新人・31歳)
  • 増山麗奈 (社民・新人・39歳)
  • 高樹沙耶 (改革・新人・52歳)
  • 小林興起 (怒り・新人・72歳)
  • 三宅洋平 (無所属・新人・37歳)
  • 鈴木達夫 (無所属・新人・75歳)
  • 横堀喜久 (無所属・新人・80歳)
  • 岩坂行雄 (無所属・新人・69歳)
  • 佐藤香 (無所属・新人・48歳)
  • 又吉光雄 (世界経済共同体・新人・72歳)
  • 鈴木信行 (新風・新人・50歳)
  • トクマ (幸福・新人・49歳)
  • 柳沢秀敏 (無所属・新人・67歳)
  • 原田君明 (無所属・新人・39歳)
  • 大槻文彦 (支持なし・新人・49歳)
  • 佐藤均 (支持なし・新人・45歳)
  • 鮫島良司 (支持なし・新人・61歳)
  • 深江孝 (支持なし・新人・54歳)
  • 藤代洋行 (無所属・新人・42歳)
  • ひめじけんじ (無所属・新人・64歳)
  • 川上晃司 (無所属・新人・31歳)
  • 犬丸勝子 (諸派・新人・61歳)

全国一の混戦になるのが東京都選挙区。今回から定数12・改選6となる。現職5名と新人26名が立候補を表明(6月22日公示)。

現職のうち中川・竹谷・蓮舫の3氏は強い。タリーズ松田公太は引退を表明。民進・小川氏は後述の「反安倍」候補に票を取られそう。浜田和幸氏は6年前に自民党公認で鳥取県選挙区で当選し、その後国民新党、次世代の党を経ておおさか維新に所属していたが、離党し無所属で立候補。
共産党はまた若者を擁立。共産党は前回参院選では吉良佳子氏が70万票・比例77万票獲得、2014年衆院選では比例88万票獲得している。どれだけ票を伸ばせるか。
自民・朝日氏は知名度は高くないが身長199センチで客寄せパンダとして適任。組織票の割り振りもなされるだろう。

元長野県知事で一応小説家の田中康夫氏が立候補。「実績」とブリリアントな知名度があり、自民にも民進・共産にも入れたくない人がなんとなく投票すると思われる。ただ大阪発の政党「おおさか維新の会」所属であることがプラスに働くかマイナスに働くかは未知数。
近頃立候補を表明した国民怒りの声・小林興起氏、三宅洋平氏はともに「反安倍」の立場だがむしろ票割れを起こしそう。社民党・新党改革・こころの3候補は苦しい戦い。その他、又吉イエス氏、維新政党・新風の鈴木信行氏などはいつものメンバー。また今回は「支持政党なし」が4人擁立。選挙活動を通じて団体名の周知を図るものと見られる。

序盤情勢(6月24日)

新聞各紙の序盤情勢調査まとめ

読売:蓮舫リード 中川・山添・竹谷が追走 朝日・小川・田中が絡む
朝日:蓮舫堅く中川・山添・朝日・竹谷優勢 田中やや優位 小川が追う
毎日:蓮舫リード 追う中川・山添・竹谷 小川・朝日・田中も競る
日経:蓮舫リード 山添は着々
東京:蓮舫・中川先行 竹谷・山添堅調 残り2議席を朝日・小川・田中が競り合う

5・6位当選を自民・朝日氏、お維・田中氏、民進・小川氏で争う模様。民進支持層が蓮舫氏に偏っているようで、支持者には戦略的投票が求められるだろう。

毎日新聞調べでは都内のおおさか維新の支持率は2%に過ぎず、その割に田中氏は個人人気で善戦していると言えるだろう。他党の支持率は自民30%、民進15%、共産9%と続く。ただし自民が圧倒的なように思われるが東京では内閣不支持率が支持率を上回っていることが与党にとっては懸念材料か。

毎日新聞総合調査 蓮舫氏一歩リード /東京


終盤情勢(7/4~)

時事(7/4):蓮舫・中川抜け出す 竹谷・山添が続き 残り2議席を朝日・小川・田中が激しく争う

朝日(7/7):蓮舫・中川・山添・竹谷・朝日リード 小川ややリード

民進・蓮舫氏が独走状態。序盤情勢でやや優位だったお維・田中氏を民進・小川氏が逆転してリードしている模様。ネットでは大人気の三宅氏は8位以下か。繰り返すようだが6人区の東京では戦略的投票が肝要になる。

蓮舫、中川抜け出す=東京【参院選情勢】:時事ドットコム

-旧ブログ記事